<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< チュニック丈のブラウス | main | ブラウスコーデ >>
草木染のワークショップ



岐阜県可児市inthefield店主の小倉祐子です。


9月開催のワークショップのお知らせです。


草木染めインストラクターの田中晃子さんをお招きし、
草木染めの手法でコットン100%の生地を其々のテキスタイルに染め上げるワークショップを開催します。




秋を感じる3色のお色目、





「茜・ススキ・緑青(キノコ)」よりお好きなお色をセレクト。 (単色でも色を組み合わせてもOK)


シンプルに無地ももちろん素敵ですが、お好みで木型など使い模様をつけて自分だけのテキスタイルを作り上げる手法もご指導頂きます。



ショールとして、テーブルランナーやタペストリーとしても使える程よいサイズ感。


植物から頂く自然な色合いを楽しんで頂けたら幸いです。


日時 9月22日土曜日
10時〜12時

参加費 4,500円+税
(お花のお土産とお茶お菓子付き)

場所 inthefield店内


お申し込み先 inthefieldまで 0574-64-4633



サイズ 幅33センチ 長さ173センチ 8/31金曜日から受付させて頂きます。








草木染インストラクター 田中晃子


ののはな草木染アカデミー
草木染教室インストラクター
草木染ワークショップインストラクター

岐阜県下呂市の小さな工房から草木染の魅力を発信。
自然に恵まれた地で採取した植物、
自ら種を蒔いて育てた植物を使い、
草木染の作品制作、ワークショップなど行う。



inthefieldでは今後も、お花のアレンジなど以外にも、植物にまつわる内容のワークショップを開催していく予定です。


因みに田中さんはinthefieldのお花教室の生徒さんでもあります。


この夏長いお休みを頂いている間に、
私も草木染の体験をしに下呂まで出かけてきました。


緑青という色に染めさせて頂いたのですが、白い生地がなんとも言えない草木染特有の優しい色合いに染まり、
しばし感動!そして、ハマりそう^ ^


あらためて植物ってすごいなぁって感じました。



「茜」は華やかだけどしっとりした夕焼け色。秋のシックな装いのポイントになる色。


「ススキ」は青みがかった黄色で、きつすぎずまろやかすぎず、すっきりした色合い。ショールにすると顔映りもよくこちらもステキ。

「緑青(キノコ)」は青み帯びた落ち着いたグリーン。ブルーグレーにグリーンを足したような色です。
落ち着いた色なので、テーブルランナーや模様を入れてタペストリーにも。



とてもワクワクできる草木染を、
ぜひこの機会に体験してみて下さいね!



ご参加お待ちしています。



祐子店長